会社案内

会社沿革

1940年 9月
初代社長 田儀常作が大阪市内において、被覆アーク溶接棒の製造を目的とする日興商会を創業。
1942年 2月
日亜製鋼株式会社(現日新製鋼)と技術提携をし、製造設備を同社へ移転し、専属協力工場となる。
1949年 3月
商工省(現通産省)主催全国溶接棒品質コンクール出品、最優秀賞を受賞。
1950年 11月
日亜製鋼(株)と分離。日鋼熔材株式会社を設立。
1961年 1月
フジウエルド社(フィリピン)と技術提携。
10月
伊丹工場生産開始。社名を日鋼熔材工業株式会社に改称。
1963年 7月
広島営業所開設。
1965年 10月
交野工場新設。
1970年 6月
通産省より「輸出貢献企業」の認定を受ける。
1972年 4月
ニツコー・スチール社(インドネシア)と技術提携。
12月
アメリカ船級協会(ABS)の認定を受ける。
1975年 4月
タイ・ニチヤ社(タイランド)と技術提携。
1977年 3月
日本工業規格(JIS)の認定を受ける。
4月
第二代社長に田儀秀徳が就任。
1978年 4月
東京営業所開設。
5月
ニツコー熔材工業株式会社に改称。
1980年 5月
特殊電極(株)と提携。
1981年 4月
スター・インダストリアル・ガス社(パキスタン)と、技術提携。
12月
日本海事協会(NK)の認定を受ける。
1983年 12月
ロイド船級協会(LR)の認定を受ける。
1984年 4月
ニツコー製線株式会社(旧大阪製線)の経営に、伊藤忠商事の仲介により資本参加、当社の傘下に入る。
7月
生駒工場新設。
1989年 2月
電子ビーム溶接部門新設。
1990年 1月
フラックス入りワイヤ製造設備を生駒工場に新設、生産を開始する。パワーウェルド社(マレーシア)と技術提携
3月
大宮出張所開設。
1992年 12月
フラック入りワイヤの製造設備増設を行い稼働開始
1993年 1月
東京支店、大宮営業所共に昇格。
3月
ステンレス鋼フラックス入りワイヤ製品、【NFG-シリーズ】本格的生産開始
1995年 7月
阪神大震災により本社を伊丹市より、ニツコー製線(株)の現在地に移転。ソウルニツコー社(韓国)開設。(株)世亜エサブ(韓国)と技術提携。現代綜合金属(株)(韓国)と技術提携。
1997年 3月
JIS表示許可を追加取得、許可品目:高張力鋼用被覆アーク溶接棒(JIS Z3212)
11月
交野工場製品倉庫を生駒工場へ移設、生駒工場に業務課を配置
1999年 12月
NZ-11販売開始
2002年 12月
ISO9001:2000 / JIS Q 9001:2000認証を取得
2003年 5月
ステンレス鋼フラックスワイヤのJIS表示許可を取得、許可品目:ステンレス鋼アーク溶接フラックス入りワイヤ及び溶加棒(JIS Z3323)
2004年 7月
業務用、在庫・出荷管理ソフト(OBIC7採用)の設備・充実
2005年 6月
フラックス入りワイヤの試作・改良・少量生産を目的とした、中型造管装置(パイロットプラント)を交野工場の増設、稼働開始
2007年 1月
電子ビーム溶接(EBW)新規設備の増設、稼働開始
7月
大宮営業所移転
2008年 8月
新JIS制度移行に伴う認証取得、軟鋼用被覆アーク(JIS Z3211)、ステンレス鋼被覆アーク溶接棒(JIS Z3221)、ステンレス鋼アーク溶接フラックス入りワイヤ及び溶加棒(JIS Z3323)
9月
LC-08販売開始
2009年 5月
軟鋼、高張力鋼及び低温用鋼被覆アーク溶接棒
2010年 4月
開発部を新設
2011年 2月
軟鋼、高張力鋼及び、低温用鋼用アーク溶接フラックス入りワイヤ(JIS Z3313)JISマーク表示制度認証取得
2013年 7月
広島営業所移転
2014年 4月
名古屋営業所開設
2014年 7月
東京・大宮統合
2014年 8月
第三代社長に津田育久が就任。
ニツコーロゴ
ニツコー熔材工業株式会社
〒557-0063
大阪市西成区南津守5丁目1番2号
TEL(06)6651-9024(代表)
FAX(06)6651-9795

Copyright © 2014 NIKKO YOZAI MFG.,CO.,LTD. All rights reserved.